• ホーム > 
  • お子さんが安心して歯医者へ通えるように

お子さんが安心して歯医者へ通えるように

子どもの歯である乳歯は、大人の歯と比べるとエナメル質が薄いため虫歯になりやすく、進行が早い傾向があります。しかし、歯医者が怖いところだと思っていると、治療へ行くことを嫌がったり、痛みがあることを隠そうとしたりするかもしれません。一度でも歯医者嫌いになってしまうと、その後の治療に支障をきたしてしまうことがあるのです。
お子さんが安心して歯医者に通うためには、親御さんの協力が欠かせません。私たちと一緒に、大切なお子さんの歯を守っていきましょう。

ご家族にお願いしたいこと

お子さんが安心して歯医者に通えるよう、西日暮里はやし歯科からご家族にお願いしたいことがあります。

ご来院の前に

お子さんに嘘をつかないでください

お子さんに嘘をつかないでください

お子さんを歯医者へ連れてくる際に「今日は何もしないからね」、「痛くないよ」といった声かけをする方がいます。しかし、何もしないということはありません。また、治療をしたときに少しでも痛みがあると「騙された」と感じ、歯医者に対して悪い印象を持つようになってしまいます。

心の準備をしてください

心の準備をしてください

いきなり知らない場所へ連れて行かれると、不安になります。
お子さんに対して「どのような目的で、どこへ行くのか」などを、あらかじめ伝えていただけると助かります。

機嫌のよい時間帯を選んでください

機嫌のよい時間帯を選んでください

お腹の空く時間や、お昼寝の時間などは、お子さんの機嫌が悪くなりやすいです。そのようなタイミングで慣れない場所へ連れていかれると、いつも以上に不安を感じやすくなってしまいます。そのため、ご来院いただく際は、できるだけ機嫌よく過ごせる時間帯を選ぶようにしてください。

歯医者へ行くことを脅し文句にしないでください

歯医者へ行くことを脅し文句にしないでください

ちゃんと歯磨きをしない、お菓子ばかりを食べているなどの行為は、親御さんにとって悩みの種かもしれません。
しかし、そのようなときに「歯医者に連れて行くよ」という脅し文句は使わないでください。

最初の来院は、予防歯科がスムーズです

最初の来院は、予防歯科がスムーズです

虫歯になってからご来院いただく場合、治療に痛みを伴うことが多いため歯医者嫌いになりやすい傾向があります。
可能ならば、最初は歯の点検やフッ素塗布などのためにお越しいただくのがおすすめです。

ご来院していただいた際に

まずは親御さんがリラックスしましょう

まずは親御さんがリラックスしましょう

まれに、親御さんご自身がナーバスになってしまう方がいらっしゃいます。しかし、大人の不安や緊張は、子どもに伝染しやすいやすいものです。そのため、まずは親御さんがリラックスするように心がけましょう。

当院では、安心して治療を受けていただくため、キッズスペースをユニット内に設置しております。診療中でもお子様の確認ができるため、安心して治療が受けられます。

治療中の声かけに気をつけてください

治療中の声かけに気をつけてください

治療中に「痛い?」といった声かけをしてしまうと、我慢していたものが一気に崩れて泣き出してしまうお子さんがいます。
「痛い」」「怖い」といったネガティブな声かけではなく、「頑張っているね」などのポジティブな声かけをしていただけると嬉しいです。

治療が終わったら

治療が終わったら

治療中や治療後にお子さんが泣いてしまうかもしれません。そのようなとき、叱ったりせずに「よく頑張ったね」「偉かったね!」とたくさん褒めてあげてください。その一言がお子さんにとって、次への自信につながっていきます。

西日暮里はやし歯科の小児歯科への取り組み

お子さんにも親御さんに
安心していただけるよう、
治療や予防の方法について詳しくお伝えしています。

  • お子さんに信頼してもらえるよう、まずは友達になるところから始めます。
    子どもに慣れたスタッフが揃っていますのでご安心ください。

  • 広い治療スペースを用意しているので、親御さんの立ち合いが可能です。

  • 治療の前に、雰囲気に慣れるためのトレーニングを行うことができます。

  • 待っている間の不安を解消できるよう、キッズスペースをご用意しています。